スポンサーリンク

夏休みの宿題は順調に

ご訪問ありがとうございます。

初めての方は🌟『ごあいさつ』🌟をお読みください。

   \ランキング参加中/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

10歳・小5

みなさんこんにちは✨

今日も当サイトを見にきてくださり、ありがとうございます✨

今朝は早朝からオリンピックのマラソンが札幌市内で開催されていました。札幌は私が長く住み、息子が育った街でもあります。私が住んでいた家の近く、通った理学部、研究者としての基礎教育を受けた医学部、息子が通った大学附属の保育園もチラリと見えて、息子と一緒にとても懐かしい気持ちで観戦しました。

また機会を見つけて、札幌に遊びに行きたいねって話しました。

北海道大学の構内を走る選手。夏の母校はやはり美しい。

 

さて、小学生の息子の夏休みはもう半分は過ぎたでしょうか。

東京都内の私たちが住む地域は夏休みの終わりが少し早くて、息子は8月25日(水)から学校です。

 

昨年は感染症の流行による一斉休校のあおりを受けて、夏休みまでもが短縮されたことが思い起こされます。当時の我が家は怒涛の不調下にあったので、それはもう、生活することだけで必死でした。本当に本当に、辛い時期でした。よく乗り越えたなと思います。(詳しくは『発達障害がわかるまで』のカテゴリをご参照ください↓)。

 

そんな息子の夏休みの宿題ですが、今のところまぁまぁ順調です😊

私の息子は『嫌なことは断固やらない』という主義のもと、先日に少し書きましたが、学校の宿題のドリルなどもやりません。

しかも5年生では

息子
息子

5年生から計算ドリルは廃止されたんだって。もうやらなくていいんだよ。

こんなくだらん小芝居まで打って、断固ドリルを回避しようとまでしていました(以前の記事をご参照ください↓)。

 

…こりゃ夏休みの宿題も大変やな。

…しっかり進められるようにサポートしなければ。よーし!

任せとけ!

気合十分。

私は夏休み前の配布物やお知らせの類をしっかり回収、じっくりと読み込み、“やらねばならぬこと”をもれなく把握しておきました。

 

そして息子は夏休みの開始と同時に毎日ビッシリ詰まった塾の夏期講習カリキュラムへ突入し、1年遅れの受験勉強カリキュラムを追いかけるようになかなか真面目に勉強しています。

しかもその合間には八ヶ岳連邦の最高峰:赤岳(標高2,899m)に登頂したり、

八ヶ岳登山の様子

さらに今週には日本の最高峰である富士山(標高3,776m)にも登頂するなど、夏らしい思い出もしっかりと取り入れて結構忙しい生活を送っています😅

富士山に登頂!一生の思い出になりました!
さらにつくばのJAXA宇宙航空研究開発機構の見学にも行った息子+妹。

本当は今週末も谷川岳に登山に行こうと予定していましたが、それは台風のために延期としました。。くぅ、台風め…😭

って、遊び過ぎかな?💦

 

そんな忙しい息子ですが、今夏の夏休みの宿題はとても順調であり、懸念されたドリル系はまずは全て終わっています。

順調順調。

ちょっと大変だったのは今回はオンライン教材が宿題だったので、進捗を親が把握しづらかったことですが、それでもなんとかかんとか7月中に終えました。

7月中にきちんと終えた息子は、それはそれは喜びました。私もしっかり褒めました。

息子
息子

やったあ!おわった!嬉しい!

私

ほら、あんたはちゃんとやれば順調にできるんだよ!よく頑張ったね!

夏休みの宿題は、あとは読書感想文と自由研究だけ。

そうそう、読書感想文といえば驚きましたよ。

『読書感想文準備シート』っていうものがあるんですね、今は。

令和の時代は読書感想文も進化している。

私が子供の頃は『感想を書きなさい』で丸投げ放置、書き方指導もなくただ書かされた(←少なくとも書き方の指導を受けた記憶は私にはない)読書感想文も、今の時代はこんなシートがあるんですね。

そうだよね。

何事にも、“やり方”というものがあるのです。それを示してもらえると子供も親もありがたい。良いね〜。いつ頃からあったんでしょうね😊

 

あと、自由研究はまだ目処がついていませんが、息子がいろいろと考えてはいる様子です。

息子
息子

自分で“キーボード”を作ってみたい!

息子は最初、自作でPC用のキーボードを作りたいと言いました。

おー、良いんじゃない?

若いうちに一度は必ず通る“自作PCへの興味”の一環でしょう。私も若い頃やったやった、パーツ屋さんで何時間も選んだよ、楽しいんだよね😊

しかし、うちには工具がない。キーボードを作るならハンダ付けが要るし、そのためには工房を借りるか工具を買うかしないといけない。ま、工房を借りた方が楽だろうねと話しました。

しかしこれは、息子と一緒に色々調べると予算的には3〜4万円程度になりそうだとわかったところで何故か息子の熱が冷めました、笑。

息子
息子

そんなにお金かかるんならいっかな〜

えっ、お金の問題なの!?それとも興味の問題なの?

これを聞いた夫が、

おやじ
おやじ

やってみたいならやってごらん、お金は出してあげるよ。

って息子に言ってた(←甘い!)けど、まだ息子はうんともすんとも言ってません。熱が冷めたかね〜。とりあえず様子見。

 

あとはせっかく富士山に行ってきたのでその登山記録をまとめれば?とか、富士山の一番標高が高い地点において息子が

息子
息子

実験する!

と言って空のペットボトルをギューーーッ!!っと閉めたものを持ち帰ったので、

標高3,776mで閉めたペットボトルを平地に持ち帰るとどうなるか実験した息子。

それが今ベコベコに凹んで息子の部屋に大事にしまわれているものをなぜそうなるかを簡単にレポートにまとめてもいいだろうにねと私は思うけどどうだろうね。

 

そんなわけで、読書感想文も自由研究も、まぁなんとかなりそうかなというところ。

そして来週はお盆休みで塾がお休みなので、息子は保育園の頃の友達と一緒に『お泊まり会』に行くようです。

良いね良いね、遊んでおいで😊その間は私も少しゆっくりさせてもらおう。お泊まり会の手筈は整えておくよ、お行儀良くだけお願いね、たくさん楽しんできたら良いよ。

 

さて、何が言いたいかと言うとですね。

親子登山も中学受験も、延いては全てがそうですが。

何をさせるにも、ホンマに親が一番の功労者。

どこのご家庭も、本当にそうだと思います。

 

宿題が終わったのはもちろん偉い。

また、親子で山を登っている時、褒められるのはいつだって子供の方です。

 

だけど塾の勉強と学校の宿題と登山と遊び、全てを両立可能なかつ息子が飽きないようなバランスの良い綿密なスケジュールを立てて、かつそれを実行させる私も結構すごいと思うんよ。

そんな自分を自画自賛。(ま、仕事もしてないし当然っちゃ当然なんだけどね😅)

そんなご機嫌な気持ちで、残り半分の夏休みも順調に過ごしていきたいと思います😊

 

台風の影響のありそうな地域の皆様、安全にくれぐれもご留意ください。

この台風が過ぎたら暑さもひと段落すると良いのになぁと願っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました