スポンサーリンク

お母さんには失礼じゃない

今日も当サイトを見に来てくださりありがとうございます✨

 \クリックの応援お願いしまーす!/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

11歳・小6

みなさんこんにちは✨

梅雨明けしたようですね。ここ数日、めっきり暑くなりました。朝から暑いもんね💦

だけど我が家の息子は今年も衣替えがうまくいかず、こんなに暑い今日でさえも安定の長袖Tシャツ、長ズボンを着ています😩しかも私が息子の部屋をチラリと覗けば、息子は自室のエアコンも付けていない。なんでやねん。

彼は気候に合わせた臨機応変な衣類の調節は苦手だし、そもそも暑さにはやや鈍感なタイプなのだと思われます。

息子の春から夏への衣替えが難しいことは我が家では毎年のことではあるのですが、しかしこれは命の危険に関わりますので、これについては“当然の事態”を引き受けさせるわけには行きません。私は彼に、少し強めに言いました。

私

熱中症になるから、もう長袖はやめなさい。部屋にいるなら、エアコンも必ず使いなさい!

だけど息子には理解できないし、全く伝わる気配もありません。

息子
息子

暑くないし!長袖だって、腕まくりをすれば一緒でしょ!

ま、こういうところが発達障害のアレなんでしょうね…とは言え、どうしたらいいだろう。

なんでそんなに怒るんでしょうね😩

とりあえず私ができることは、無言で彼の部屋のエアコンを付けて立ち去るのみ。

昨日は、日中に外出の予定がありました。スクールカウンセラーさんとの面談日でした。

スクールカウンセラーさん
スクールカウンセラーさん

え!長袖長ズボンなの!?大丈夫!?

と、全く自然で素直なリアクションをいただきましたが、息子はザッと腕捲りをし、ズボンは膝まで捲り上げて無言でストンと椅子に座って本を取り出し読み始めました。指摘されて、彼なりに気づく部分はあったのか。それとも、それで良いでしょと言わんばかりの気持ちだったのか。

それでも親が同行している限りはなんとかなるとは思います。息子の顔色や様子などには注視して、体調変化には早めに気づくようにしていたいと思っています。登校していないので、この暑さの中での単独行動の機会が減っていることは幸いかなぁ、とも思ったり😅

さて、今日はそんな“外出”つながりで、先日に息子から投げつけられた“発言”について記録しておこうと思います😕

わたし
わたし

『“お母さんには”失礼なわけないじゃん』と息子は言えど、ちょっとあんまりだと思うよね。

だけど理詰めで言っても彼にはきっと理解できないのだと思います。

分かってもらおうとすることと並行して、私も“指摘せずに済む”環境を整えていくよう意識していく必要があるでしょう。

予定を全部ダメにしてもお構いなし

校医の健診を受けられなかった息子

私の息子はこの5月から選択的に不登校となりました。そのため彼は、この春の校医による定期健診も受けることは出来ませんでした。

健診を受けられなかった児童には、学校から“6月30日までに、自分でクリニックを受診して結果を学校に提出するように”という、そんなお知らせが渡されました。

私

学校健診が受けられなかったから、校医の先生の医院に自分で行かないといけないんだって。

予約しておくよ。

眼科と歯科と、内科に耳鼻科。

私は病院を予約しました。できるだけ少ない外出回数で済ませようと、移動時間を考慮しても十分1日で回れるベストな予約を取らせてもらうことができました。

『この日の何時に家を出て、こういう順番で行きましょう』と、分かりやすくホワイトボードに予定も書いておきました。

準備オッケー。良い感じに調整できたぜ。さすが、私。

そうして当日の朝を迎えました。私は息子に、

私

お母さんが帰ってきたら健診の旅に出発しますよ。出れるように準備をしてね。

このように言って、それから娘を保育園に登園させるために出かけました。

何にも準備しちゃいねぇ

私

ただいま〜。息子〜、出発するよ〜!

何日も前から予約をして、私の予定も調整して、1日で完了させようと綿密に計画を練った学校健診の旅のはずでした。

しかし私が帰宅した時点で、息子はまだ、全く準備ができていない状態でした。

登校も通塾もしなくなり、最近ではせめてもいくつかの家事(主に洗濯と食事の後片付け)をやるようにさせていますが、洗濯は洗い終わったものがまだ洗濯機にそのまま入っているし、食事の片付けも全く手付かずの状態でした。

それでも当の息子は、のらりくらりと動いています。

え。どういう状況?
私

あれ、すぐ出かけるよって言ってたよね?

息子
息子

知ってる!

私

もう出かける時間なのだけど、その洗い終わったお洗濯物はどうするの?

息子
息子

そのままにしておけば良いじゃん!

私

この季節に、洗濯物は放置できないよ。

息子
息子

じゃあ他にどうしろっていうのーーーーーーーー!!!

私

乾燥機かければ?

息子
息子

嫌だ!やらない!お母さんが余計なことを言うから病院も行けなくなった!ひどい!

そう言って息子は自室に走って戻って行って、頭から布団をかぶって蛹になってしまいました😭なんでやねーん。行きたくなかったのか?それならそうと、言ってくれれば良かったのに。

それも“お母さんのせい”なのか?

すみませんが本当に、私の何が悪かったのかは私には全く分かりません。

私は1日で済むようにと綿密な計画を立てました。

息子へのリマインドも、何度もしました。

だけど時間になっても息子は準備もしておらず、任せたはずの家事も終わっていなかった。十分な時間は確かにあったはずなのに。

それならばと、私は『乾燥機を使ったら?』という解決策も提案しました。

それでもなんで?息子に『お母さんのせいだ』と罵られないといけないの?

私の労力を返して欲しい。あんまりだ。

夫が出てきて言いました。

親父
親父

とにかく病院には行きなさい!

息子
息子

行かない!お母さんが悪いんでしょ!

何が悪いの?お母さんは本当に解らない。それは自分が時間までに準備ができなかったことの、ただの八つ当たりなんじゃないんですか?とさえ思いました。

だけど息子は動きません。私は全ての病院に『今日は行けなくなりました、申し訳ありません』と電話を入れて、調整していた私の予定もあったのに、そんな息子の癇癪一つで全ての予定がダメになってしまいました。

私は悲しい気持ちで準備していた健診用紙や保険証もバッグから全部出して、所定の場所に片付けました。

せっかく準備したのにな。

なんだか泣きたくなるような、私もそんな気持ちでした。

お母さんには失礼なわけない!

昼食時。

私は少し落ち着いていた息子に言いました。

私

お母さんは本当に悲しいし今日の朝の態度はひどいと思う。前々から準備をしていたお母さんに、あまりに失礼だとは思わない?

だけど息子には全く理解ができません。

息子
息子

なんで?お母さんには失礼なわけないじゃん。

私

それはひどい。お母さんは一生懸命準備をしたの。全部やり直しになってしまう。これが他の人ならどう思われるだろう?

息子
息子

他の人は他人だけど、お母さんは身内なんだから失礼じゃないでしょ!

なんだそれ。

本当に、呆れるほかありません。

あなたは一体私のことを、どれだけ軽く見ているの?

言いたいことはたくさんあれども、ここで私が何かを言えばペアトレで言うところの“否定的注目”になるでしょう。事実、今日の予定が全部ダメになったことは既に過去の話となっています。ここでうるさく言っても息子は癇癪を起こして一層頑なになってしまうでしょう。経験的にも、良い結果は望めないことはわかっています。

それで良いのか…?

それでもね。本当に正直なところ、私はまだ、

『発達障害だからと言ってこれを流して良いのか?』

という気持ちが捨てきれません。ペアトレのやり方の塩梅がまだ分からない。

甘やかしではないのか。軽視されて感情的になることも、悪いことを悪いと言うことの何がそんなにダメなのかと、私は今なお思っていますよ、本音では。

だけどここで私が息子を責めれば、息子は確実にパニックを起こして暴れるだろうとこれまでの経験から予想ができます。だから言わないだけですが、本当に納得がいきません。

親しき中にも礼儀あり、とも言ったものです。家族だからと言って、相手を尊重しなくて良いわけではありません。

私は息子の態度には全く納得していませんでしたが、ここで期待する結果はあくまで『期日までに学校健診を受けること』であるのだからと一旦その場は引き下がりました。

私

だったら期日までに自分で健診を受けに行くように調整しなさい。お母さんはやったからね。

予約して欲しいなら言ってくれれば電話するし、一緒に行く必要があれば前もって言ってくれれば対応するから。

息子
息子

わかってる!うるさい!

そんなことがあったのが、6月中旬頃でした。

6月30日までに、息子は学校健診を校医のところに赴いて受診しなくてはなりません。

それから、今日は6月29日になりました。

案の定(?)、息子はまだ行ってませんよね😩

私

学校健診はいついくの?

息子
息子

明日行くって言ってるじゃん!(←初耳ですけど)

私

明日予約が取れるの?電話した?明日は明日であなたにも予定があるけど、何時に行くつもりなの?

先延ばしにして、良いことはひとつもありません。やらなければならないことは早めに計画を立てて、必ず余裕を持って達成しないといけないよ。

息子
息子

そんなの知らないよ!だったら行けないってことでしょ!

タスクは未達成になりそうです。そのくせ態度だけはでかいのはどういうことだ。

…なんて言うか、書いてて悲しくなりますね💦理屈が全く通じねぇ。

この原因は明らかです。息子は学校健診を受けなければならないことを理解してはいないのでしょう。納得しないことは断固できない子供です。だからそれを例え人のせいにしたとしてでも行かない自分を正当化して、ゴネているだけのようにも思えます。もちろん健診を受けなくたって、息子にはなんのデメリットもないのです。

私には正解が分かりません。

『はいはい、学校健診行けなかったねー』

で終わらせて良いのでしょうか。

その場合は私が『行けませんでした』と学校に言えば済む話です。学校側も、不登校の子が学校健診を受けないことでそんなに責めもしないでしょう。お互いに必須ではないのも事実です。

だけど、本当にそれで良いのだろうか。

息子はこれから人間社会で生きていく上で大切な、“相手からの信頼を得ようとすること”や、“自分がやらなければならないことへの向き合い方”とか、そういうことを全て理解せずに成長してしまうかもしれないなと、私はそんな息子がとてもとても心配になっています😭

🌟ここまで読んでくださった方は、『見たよ!』の代わりに下のボタン(↓↓)を1つ以上クリックしていってくださいませ。次の記事を書く励みになります😊

\↓今日も見たよ↓( ˆoˆ )/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へにほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ

(ランキングサイトに移動します)

🌟コメント及びLINEやメールなどの個別メッセージも常に歓迎しています。

🌟LINEでのメッセージ、コミュニケーションはこちらから↓
更新通知をLINEで受け取る

🌟初めての方は『ごあいさつ』をお読みくださいね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

11歳・小6
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
\大西 なおみをフォローする/
10歳から向き合う発達障害/ギフテッド

コメント

タイトルとURLをコピーしました