スポンサーリンク

変化した我が家の新聞事情

ご訪問ありがとうございます。

初めての方は🌟『ごあいさつ』🌟をお読みください。

   \ランキング参加中/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

10歳・小5

みなさんこんにちは✨

今日も当サイトを見にきてくださり、ありがとうございます✨

今年の春、GW頃でしたか、私は息子に新聞を読んではどうだろうかと勧めました。

そして色々と試読をしてみましたが(↓)、

結局大手新聞社から出版される”子供新聞”は息子に言わせれば、

息子
息子

どれも普通。だけど子供っぽくてつまんない

ということで物足りない。さらには当サイトを読んでくださっている方から『うちは大人新聞です!』というアドバイスをいただいて、我が家は以来、大人用の新聞(読売新聞)をずっと購読してきておりました。

しかしこの秋、息子の“新聞離れ”が顕著です。

夏休み中くらいまでは読んでいたのに。

飽きたかな?

それとも忙しくなってきたから時間が取れない?

それとももっと他に読みたい本などがあるから興味が逸れたのだろうか。

ともあれ、見直しの時期となりそうです。

わたし
わたし

時期と興味に合わせてさ、臨機応変に変えていかなくちゃいけないね。

お知らせ

当サイトのサイドバーに“よく読まれている記事”のランキングを改変し設置しなおしました。

“月間”のランキングと“全期間”のランキングを切り替え可能です。良かったら時々覗いてみてください✨

息子と新聞

読み物は総じて好きらしい

息子は読書が大好きです。

彼の多読を支えるために、私は本を自由に買い与えたりAmazonの定額読み放題のサービスにも加入していたりと“興味と視野の広がるタイミング”を極力逃さないように気を張っています。

それに加えて、『息子に新聞を勧めよう』と思い至ったのは、息子は学校などで定期的に配布される広報誌が好きだから。

いつも持ち帰った広報誌はその日のうちに隅から隅まで読んでいて、ご丁寧にクロスワードまでしっかり解いたりしている息子の様子を見ていた私が、

私

いつでも自由に読めるこのような媒体が自宅にもあると良いのではないか。内容も広くて、時事が飛び込んでくるようなものがいいかもね。

と思ったことがきっかけでした。

急に新聞を読まなくなった

早速色々と検討した結果(↓)、我が家は大人用の普通の新聞を購読する運びとなり、夏休み頃までは一家で楽しく読んでいたんだけどね。

だけどどうにも最近、息子の食いつきが悪いのです。

私

ねえ、新聞読まないの?

息子
息子

うん、読まな〜い!

えっ、そんなにハッキリ!?

これまではなんだかんだと進んで読んでいたのになぁ。

一体急にどうしたんだろう?

私はちょっと不思議な気持ちではありつつも、

私

(まぁ読まんというなら読まんで良し。好みや時間の使い方が変わってきたってことだよね〜)

とすんなり受け入れることとなりました。

 

っていうかさ、この約4ヶ月ほど、よくまぁ毎日目を通したもんだと思ったよ。

飽きたかな。

それとも勉強が忙しくなってきて、それで時間が取れなくなってきたのだろうか。

ただでさえ息子は受験勉強、英語の学習、学校の宿題、その他に読書もギターの練習も、少しはゲームもしなくてはなりません。最近は生活力を養うために家のお手伝いにも駆り出され、自室では俳句作りもしているようだし、こう書いてみるとやっぱり彼はとても忙しい日々を送っています。

夏休みまでは時間がとれても、学校が始まったらやっぱり無理があったということでしょうね。

彼なりに“優先順位”を検討した末の新聞離れであるならそれはとても良いじゃない😊そう考えるとなんだか私は嬉しい気持ちにさえなってきます😊

 

あ。ちなみに私が買っておいた俳句の本(↓)は、この週末の間に息子が読み始めていることを見かけました。面白い!と言って喜んで読んでいます。やったぜ👍

読み始めたらしい。足しになる知識が得られるといいけどね。

新聞購読は解約しつつも

そんなわけで、息子が読まないのならばと大人用の読売新聞は我が家では購読を終える運びとなったのが先月末です。

もともとは私が、新聞って溜まるのが嫌なんだよね、ということで後ろ向きだった新聞購読でした。息子が読まないならば、デメリットの方が大きくなってしまいます。

契約のお店に電話したらすぐに購読を解約していただくことができまして、“最短契約期間”っていうのがあるんですね、これをしっかり過ぎていたのでとてもスムーズに取り計らっていただくことができました。

 

だけどさ、なんとなく。

急に新聞が届かなくなるのが少し寂しく感じてしまって😅

それと、やっぱり読んでも読まなくても構わないから息子が時事に触れるチャンスは残しておきたく思ってしまって。

今の我が家は、読売KODOMO新聞を週に1度だけ届けていただくことで落ち着きました。

小学生用は内容がやや低学年仕様かなぁとは思いますが、それでも今回の衆議院選挙のしくみなどはさすが子供向けにも上手に解説されていて、親が説明するより良いんじゃないかな、頼もしいなと思いました。

読める時にはきちんと座って読んでいる。

購読代は、月々550円です。内容は良く、とてもお安いように思えます。紙面サイズが普通の新聞よりもひとまわり小さいこともなお良いですね、子供にも扱いやすくて大変良しです👍

KODOMO新聞が届いた日、私はなんとなく息子の目に付く場所に置いておきます。すると息子も夕食前とかにチラチラ見ているし、悪くない感触です。しばらくこれでやってみようかなって思っています😊

そしてこれが定着しそうなら、いずれ読売中高生新聞(850円/月、週刊)に変えていければいいんじゃないかなぁ。そのうち下の娘も読み始めるかもしれないしね😊

事情は刻々と変わっていくのが当たり前よね

今春、息子の新聞選びでいろいろと試読をしていた際には、

息子
息子

新聞は面白いけど、1週間に1回しかこないなら要らない。(毎日読みたい!)

最初に敬遠されたのが“週刊”の読売KODOMO新聞でした😅

だけどあの時とはもう、息子の生活は違うのですね。

今では週に1度しか届かないからこそ、続けられるっていうこともあるんだなぁと私は今回驚き学んだように思います。

生活の変化、興味の変化、子供の成長。

そのようなものに合わせて、かつては短所だったものが、今度はかけがえのない長所となって戻ってくることがあるんだなって。

 

そして今回のスムーズな切り替えが出来たことは、今春に色々と調べて試読をしまくった経験があったおかげです。

どんな経験でも肥やしとなり、自分を助けてくれるものなのですね。(←大袈裟!?😅)

状況や事情が刻々と変化するのは当たり前です。当然です。

だからその都度、常に柔軟に対応していければそれでよし。

今後もアンテナを張りながら柔軟に対応していければなぁと、とても微笑ましく思ったエピソードでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました