スポンサーリンク

長期休み疲れとがん検診

ご訪問ありがとうございます。

初めての方は🌟『ごあいさつ』🌟をお読みください。

   \ランキング参加中/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

徒然思うこと

みなさんこんにちは✨

今日も当サイトを見に来てくださりありがとうございます✨

小学校の冬休みが明け、1週間が経ちました。早いものです。我が家にもペースが戻り始めています。

でもね、やっぱり学校の長期休みの後はどっと疲れが出ちゃいますね。この冬休み後も、夏休み中ほどではなかったかもしれないけれど(↓)やっぱりちょっとくたびれました。

学校の長期休み期間において、家での過ごさせ方が苦難である。

これはおそらくどこの親御さんもそうだろうとは思います。ましてや特性のあるお子さんでしたら、その期間中は子供の特性の影響を全て自宅で引き受けることになるわけなので、どうしても気苦労が増えることは避けられない。

1年前まで、私はこれまでずっとフルタイムで仕事をしておりましたので、息子は長期休みの平日は学童保育で過ごしていました。つまり我が家はこれまで仕事にかこつけて日中は息子と一緒に過ごさないために、彼の特性に起因するあれこれに“見てみぬふり”をしてきたと言っても過言ではないのかもしれません。そうして私は彼が抱える困難に気がつくことが遅れたのかなぁと思っています。

今の私は、長期休みをガッツリ息子と向き合って過ごすことで色々なことが見えてくるなと感じています(疲れるけどね😅)。

ああ、こういう考え方をする子なのね、とか。

こういうところは譲れないんだな、とか。

だけどこちらも笑顔でこんな言い方をすれば多少はマシであるな、とか。

そういうことです。

また、最近特に意識している留意点としては、特性があるのは私も同じ“お互い様”だということです。自分のことを棚にあげて言えば(笑)、私と息子がぶつかり合うと、時には収拾がつかないほどに混乱を増長させる危険があることを認識しました。

具体的には事例が多すぎて書ききれませんが(笑)、そんな時は一般的には大人である私が一歩退いて見守れば良いのだと頭では確かに分かっています。だけどどうしても、どうしても私も抑えられずに混乱を増長させることが起こり得るな、良くないなと気づいています。

子供のことを想うゆえのことなのですが、どうしても時にはぶつかってしまってお互いに嫌な思いをすることがある。

それが『長期休みあるある』なのだと、今の私は痛感中。。。

 お知らせ:↓応援のクリックをお願いしまーす。励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

公式LINEも稼働中↓:《💬ひとこと添えてくださってるので、読む楽しみが倍増してます👍すごくいいですね♫》と好評です。嬉しいでーす😊

友だち追加

 

さておき、私は今週は“がん検診”に行ってきましたよ!

元研究者の私の専門はまさに“癌”。働いているときは勤務先の健康診断でもしっかり診てもらっていたのですが昨年はそれもナシだったしさ、だけど年齢的には年に一度は是非とも受けたいところです

しょうがないので、初めて自前で手配をして行ってきました。

とはいえね。あれこれ受けると検査費用が高額にもなるので頭から足先までは怯むよね💦大事なことなんだから、お金の問題じゃないでしょう!という気持ちもあるけれど無職の私はやっぱり怯む😅

せめてもと、自分の年齢と家族歴、生活習慣を鑑みて気になる部分だけでもと受けました。

今年は任意継続にしている健康保険から補助が出たので基本的な健康診断(腫瘍マーカー含む)と乳がん検査と大腸癌の潜血検査。また、胃がんと肺がんの検査は住んでいる自治体からクーポンが送られてきたので、それを利用して受けました。

自治体のクーポンってすごいですね。胃がん検査は自己負担¥500で、肺がん検査は¥800で受けられました。ありがたーい!

自治体の胃がん検診受付会場
大事なことを自治体でサポートしていただけるとは。

検診結果は今月末〜来月にかけて順次返ってくる予定です。何事もなければ良いけれどね。

何事かあったとしても、年に一度の検診を受けていれば早めに見つかれば良いわけですよ。

 

癌は、いつか罹るものだと思いましょう。

2人に1人が癌に罹患し、3人に1人が癌で死ぬって言われています。ほら、全然他人事じゃ無いでしょう?生きてる以上、いつか罹患すると思っておいた方が妥当です。

私も学生時代の勉強を含め、たくさんの患者さんを見てきました。20代後半の乳がん患者のお母さん。病理組織を見たりすると学生の目にも『厳しいだろうな』と思えてきても、病院の七夕飾りには“おかあさんのがんがなおりますように”と幼い子供の字で書かれていました。当時の自分の母親と同世代の方の脳腫瘍の患者さんも気の毒でした。思わず母に元気かどうかを電話したりもしたものです。

早めに見つかれば治療の選択肢も多いです。経済的にも負担は軽い。自分のお財布のみならず、健康保険制度自体の負担もずいぶん軽くて済むのです。

年に一度は受けましょう。

親や兄妹などの近い身内に癌を経験した方がいらっしゃる場合は、特に若いうちから受けても良いですね。癌は遺伝子の病気だからね。受け継いでいる可能性は高いのです。そして進行しないうちに見つけてやれれば怖い病気ではないのですから。

 

私もさ、別に長生きしたいわけじゃないけどさ。せめて息子が自立するまでは生きていた方がいいんだろうなと思ってて。

そんでいつか息子が自立したら、私は車中泊ができる車を買って、北から南までの登山の旅に出たいのです😊(←7歳下の娘はしっかり者なのであまり心配していないのです、笑)

心身の健康は何より重要!

さあ。がん検診を、受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました