スポンサーリンク

100記事目に思うこと

ご訪問ありがとうございます。

初めての方は🌟『ごあいさつ』🌟をお読みください。

   \ランキング参加中/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

当サイトについて

みなさんこんにちは✨

今日も当サイトを見にきてくださり、ありがとうございます✨

私は当サイトの記事に通し番号を付けて記録していますが、どうやらそれが、今日の記事で”100番目”✨✨✨✨

(「登山」と「最近読んだ本」は別扱いにしてきたので、当サイトで公開した記事数としては121記事目になります。)

続けられるところまで書いていけていければいいやと気負わず書き始めたものですが、100記事目というのは最初の節目のような気がして感慨深いものを感じます。

 

当サイトを作ろうと思い至ったのは昨年秋。

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う一斉休校から始まった息子の異変。親の介護。怒涛の経験でした。

その頃は私自身も相当参っており、体も動かず気力も湧かず、過眠に陥り、仕事は退職せざるを得なくなりました。

だけど私は母親です。具合が悪いからと、膝を抱えて泣いて暮らすことはできません。

通常通りに子供たちの食事を用意して、できるだけ元気に振る舞う。子供たちに心配だけはかけたくない。

そして子供たちのために、特に発達障害を抱えていることが分かった息子のために何でも良いから私に出来ることはないだろうかと、心療内科で処方された薬を飲みつつ動かない自分の体を無理やり動かしながら、試行錯誤をしていました。

そのような中でふと、私が2020年にしたこの怒涛の経験は私の思い出だけにしておくわけにはいかないのではないかと思いました。

また、私がこれから息子の特性に向き合おうとする後悔と決意は、なんらかの形で記録しておかなくてはならないのではないか。そう思ったことがきっかけでした。

 

今では定期的に当サイトを見にきてくださる方も何人かいらして、1記事あたり150回以上、多いものは800回ほども読んでいただいているようです。

その方々から、共感や励ましのメール・コメントをいただく機会も増えました。

こうして新しい人間関係がつながること、ありがたいことです。当サイトを作って良かったと心から思っています。

 

私は知らないことばかりで、息子の母親としてはまさに一から出直しの、新米の見習いみたいな状態です。

誰かの悩みをズバッと解決するような、そんな話は今はなかなかできません。

だけど、発達障害と向き合うということは、誰しもこのような状態からのスタートなのだと思うのです。

自分だけが困難の最中にいるのではないと気づいたし、一人で抱え込んで上手くいくものではありません。

当サイトを通して、誰しも試行錯誤して経験を積み、自分なりの向き合い方を見つけて乗り越えていけるのだという姿勢を示すことができたらいいなと思っています。

 

息子を理解しようとすることは全力です。

私が出来ることはなんでもします。

だけどいつも一喜一憂。一朝一夕にはいきません。

当サイトを読んでくださる方から教えてもらった効果のありそうな接し方や本などを片っ端から試してみては息子との関係を深めていって、最愛の息子の成長の一助となることを目指しています。

こんな私の経験を発信することで、誰かが『きっと自分も乗り越えていける』と前向きになってくださったら、そんなに嬉しいことはありません。

 

更新頻度について最近ちょっと考えています。

当サイトは、月曜〜土曜に1記事ずつ、週に6記事のペースで更新しています(日曜はお休み)。

どうやら私は書くことは結構好きなよう。

平日の午前中だけと決めて毎日楽しくなにかしら書いていますが、実は、たまに用事があったり家族が体調を崩していたりすると追いつかず、このペースはちょっと大変だなって思う時もあります。

だけどまずは100記事書くまでこのペースでやってみよう。ずっとそう思って何かしら徒然と書いてきました。

今、目標だった100記事目を書きながら、今後は曜日を決めたりして一つ一つの想いを無理なくしっかり書けるようなペースを模索していきたいと考えています。

 

多くの方に読んでいただき、コンタクトをくださる方も、全ての方に感謝しています。

今後も、たまに愚痴っぽくなるかもしれませんが、前向きに私らしく続けていこうと思います。

今後ともどうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします😊

2021年5月30日:大菩薩嶺の絶景にて。今日も元気でーす。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました