スポンサーリンク

中学受験における親の役割

ご訪問ありがとうございます。

初めての方は🌟『ごあいさつ』🌟をお読みください。

   \ランキング参加中/

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

発達障害と中学受験

みなさんこんにちは✨

今日も当サイトを見にきてくださり、ありがとうございます✨

明日は台風接近のため登山の予定は延期にしました。

梅雨時期ということもあるのですが、最近は息子の勉強スケジュールの都合で登山のために“まる一日”を空けることがなかなか難しくなってきたという事情も大きくあります。

 

そんなわけで今日の午前中は、息子と一緒に中学受験関係のセミナーを視聴していました。

当サイトを介して交流させていただいている方から教えてもらい参加しました🌟

いやぁ、勉強になりました。

プロの講師に、“わかちゃいるけどなかなか実践できない親の役割”についてたくさん話を聞くことができ、改めて背筋が伸びた思いがいたします。

息子と一緒に拝聴し、息子も興味深そうに聞いていました。

息子
息子

そう!「勉強は?」って言われたくなーーーい!

とか。

息子
息子

そう!間違った問題に❌をつけられると悲しいんだよな〜。

 

間違った問題のところは❌をつけずにあけておいて、直したら青丸だけにしてくれるのはすごくいいと思う!

とか。

息子
息子

自分が小学生時代に頑張ってきたことって、水泳とギターと登山かな。

とか。

合間合間で、息子も合いの手のように本音をこぼして聞いていました。

なるほど、色々善処しよう。「勉強しろ」と言わずに穏便に済ませたいのはこちらも同じだ!

とにかく、出来ないという欠点を探さないこと。褒める。肯定的に。

子供の可能性を無条件に信じ、伸びる原因を探していく。

また、印象的だったのは『中学受験は過熱しているが、遠い将来の幸せのみならず、今日の幸せや明日の幸せを忘れずに、大事にしたいことを決めて臨もう』というものでした。

将来のために子供は努力できないのです。

意欲を引き出し、それを挫くことなく、今日明日の楽しさも忘れずに日々過ごしていかなくてはなりません。

 

いやぁ、しかし大変だ。

塾代もたんまり払うのみならず、褒めておだてて決して叱らず、環境を整えてやらねば息子は動かじ。

まさに、中学受験=親の受験。

…私の器は、果たしてこれを実践できるほどに大きく深いだろうか!?ちょっと自信がありませんが、できるだけやってみるしかないですね😂

 

また、こちらの↓雑誌も紹介されていました。早速注文した👍

プレジデントFamilyは以前に“海外留学”の特集のものとかを数冊買って読んでいたけど、最近少し離れていたな。

先日は当サイトにご意見をくださる方にも

ご意見
ご意見

中学受験は情報戦でもあると思います。

と教わったばかりだし、少し情報を整理してアップデートしていかなければなりません。

 

とても刺激になった素晴らしいセミナーでした。また機会があったら今回の講師の方々の書籍などもさらにいくつか読んでみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました