スポンサーリンク

気が済むまではやめられない

今日も当サイトを見に来てくださりありがとうございます✨

 \クリックありがとうございます/

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へギフテッドチャイルド育児ランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

息子の特性を理解する

みなさんこんにちは✨

これは私のつい先日の出来事なんですが…私にとって本当に、ひっくり返りそうなほどに驚いたことがありました。私の息子と、息子と同学年のお友達の“振る舞い方”があまりに違う、それは質的にまったく別次元とも言えるほどで、私は本当に本当に驚きました。

まさか!息子の同級生はすでにそんなこともできるのか!!

先週半ばの春休みの話です。私たちはムスコーズの小学校の卒業を祝うため、いつもの息子のお友達であるR君とS君と、そしてそのママたちの6名で夕ご飯を食べに出かけていました。彼らは進学する中学校もそれぞれバラバラです。それに中学生になれば子供たちもきっと忙しくなってしまって、集まる機会もこれからは減っていくかもしれません。だから私は節目としての私たちの卒業おめでとう会をすごく楽しみにして出かけました。

それは息子も同様だったようでした。

周囲の皆様の励まし等(↑)おかげさまで、私の息子も卒業式の当日午後には校長室で卒業証書を授与されるという“個別の形”とはなりましたが、それでも彼なりの卒業式にきちんと参加できたことは彼に区切りをつけさせてくれて、さらにはいくらかの達成感のような感覚ももらたしました。

彼にはもう、かつてのような『友達に会いづらい』という後ろめたさのようなものは見られません。息子も堂々と胸を張り、ニコニコしながらその会食へと外出しました。

私は我が家なりの良い卒業が迎えられたことの報告方々、息子の卒業証書授与の様子を撮った動画を持参して、それをこれまで息子を親身に見守ってくれたR君とS君のママにも見てもらいつつ改めて感謝の気持ちを伝えました。

R君のママ
R君のママ

嬉しくて私まで泣いちゃったわ〜😭

S君のママ
S君のママ

頑張ったね〜〜!!校長先生や担任の先生ともお話ができて、しっかりお別れができているね。うちは卒業式の日は慌ただしくて感傷に浸る余裕も全然ないくらいだったから、むしろ羨ましいくらいだよ😊

R君のママ
R君のママ

そうそう、うちもよ。私なんてRに『先に帰って良い』って言われて、当日は雨が降っていたし満足に写真も撮らず一人で先に帰ってきたのよ(←一般の6年生男子はこんなもんらしい🤣)、羨ましいわ😊

息子の小学生生活を支えてくれてありがとう!私たちも一区切りですね✨

そしてこれはその場での、息子のお友達のR君とS君の話です。

彼らはもうすぐ中学生になるということで、それぞれが“自分のスマホ”を買ってもらっておりました。彼らはそれぞれの小学校のお友達ともLINEグループがあることを見せあったりと、その交流をとても楽しそうに話していました。また、ムスコーズ間の会話の中で関心ごとが出てこればそれをサッと検索して調べてみたりと、とにかく上手に充実した様子でした。

もちろんそれを羨む息子。

息子
息子

良いなぁ〜。

息子
息子

でもいいんだ、俺はスマホがなくても生きていけるの!(←🤣)

そう、彼は未だスマホを買い与えられておりません。おそらく今後も当分買い与えられることは無いでしょう。

なぜなら彼には“過集中”の特性もあり、息子はとにかく夢中になりやすいことが彼の困難な部分なのです😩そしてそれは自分で制御はできないことのようなのです。

かつては私の息子にも、習い事などに通う際に必要だろうと私のお下がりのiphoneを渡していたこともありました。幼い頃にはそれで回っておりました。

だけどある程度大きくなれば、いつもいつも彼はスマホに釘付けなことには本当に目に余る状況でした。あれやこれやといろんなアプリをずっと高速で触っていて、息子はどこに居たとしても(たとえ登山で標高3,000mにいようとも)指と目だけが常に多動の状態でした。時間は守れず、生活は常に滞り、親がそれを指摘すると大きな癇癪さえも起こしました。約束を破って嘘をつき、下着の中にスマホを隠してまでベッドに持ち込み徹夜しては朝起きられない→目を真っ赤にして癇癪を起こすという、そんな悪循環も多々ありました。

それを当時の息子は、こうも言っておりました。

息子
息子

やめたくてもやめられない。

結局何度も話し合ったけれど、彼にはまだ自己制御は無理なのだ、“使用のルールを守ろう”とかのそういうレベルの話じゃなくて、わきまえて使うということがそもそも彼には無理なのだと思われました。

そうして彼のスマホはやむなく解約、iPadの類も家族皆が使用しないとなった経緯が直近の我が家にはあるのです(↓)😩

本当にどうしようもない…

そんな我が家の経緯があったため、私は新しくスマホを手に入れた息子のお友達のR君とS君に、本当に老婆心だとは思いつつも話しました。

私

スマホはさ、夢中になりやすいものだから、使い方にはくれぐれも注意しようね。

ええ、私は本当にただの老婆心から言ったのです。よそのご家庭のことなのだけど、私はどうか彼らの生活がいつも健全であってほしいと願っていました。

しかしそこで表情も変えずサラッと言われた2人の返事に、私は本当にひっくり返りそうになりました😨

R君
R君

あ、大丈夫です。もともと約束をして買ってもらったものなので普通に守ります。

S君
S君

うちはスマホは夜7時までです。じゃないと家族の時間に支障が出ますから(ニッコリ)😊

素直すぎる!正しすぎる!っていうか、話が通じる!

分かります?分かってもらえます?この時の私の衝撃を!なぜうちの子はこうではないのだ。彼らは別の生物種なのか!?それほどの衝撃を私は受けました。

一体何が違うんだ。

こんなに“話が通じる”と感じたことは、これまでの私の息子の子育てにおいてあっただろうか(いや、ない)。

そうだよね、“普通”は社会規範とか合理性とか損得勘定とか、何かしらそれに類するもので行動には歯止めがかかるものなのです😭

それに、そんなに話が通じるのならばこちらだってどんなに楽かと思います。だったら私も息子にスマホくらい買いたいよ、上手に使って友達と連絡を取ったり約束したり、子供らしい社会の中ではしゃいでくれたら私だってどんなにそれを微笑ましく見守りたいと思うだろう😭

私は本当に彼らの爽やかなお返事に驚いて、何故かいろいろな思いが複雑に巡り、飛び退きそうかつひっくり返りそうなほどの衝撃波を真正面からくらったような気持ちでした。

あぶねぇ!

私は、何も言えませんでした。

『それならオッケー👍』と彼らに言うのがせめてもの、精一杯に振り絞った私なりの返事でした😅

そしてどうやら、側でこれを聞いていた息子も何かしらの思いを抱えていそうだと察しました。私が横目で息子を見ると、彼は何となくギリギリ笑顔を保っているという、そんなような感じでした。

息子
息子

・・・。

同じ年頃のお子さんなのに(←しかも息子とR君、S君は生まれ月も同じです)、彼らはなぜこれほどまでにも違うのだろう🤔

家庭環境の差なのだろうか?親の躾の問題か?

もしもそんなことが問題であれば私が悪かったのさと多少の諦めもつくのかもしれないよ、だけどこれが果たして当人の性質としての違いであれば我が子の特性の難儀さを改めて思い知らされたような思いがしました😭

ああ、難儀な息子だ。彼にもいつか成長する日が来るのだろうか。

私はそんな息子の近未来へと思いを馳せて、複雑な思いを抱えました。

ちなみに後日。

私はこのエピソードを、いつも当サイトを読んでくださっている、この春に小学6年生になるお子さん(←彼もまたなかなかの男の子のようです👍)を持つMさんとも世間話で話していました。するとMさんもまた、このR君S君の反応にはそれは大きく驚いておられたようでした。

Mさん
Mさん

ないです!ないない!!

Mさん
Mさん

我が子には、計画性とか理性とかが無いんです。

今朝も電車の時刻表を見るのをやめられなくて遅刻です。遅刻するから後にしよう、とかそういうの全然無い😭

だよねー!我々の子と他所の子は、一体何が違うんだろうー!!😭

笑った!🤣電車の時刻表を見るのを辞められなくて遅刻っていうのも大したもんだ!🤣

だけど私はそのお子さんがありありと目に浮かぶように想像できます。それは私の息子に重なるようです。さらに親のイライラ、さらにはモヤモヤ、そして徐々に諦めの境地にさえも至っていく心境さえもが伝わってくるようなリアルさです🤣

本当に、なんなんでしょうね、同い年の子供なのにこの行動の差は。まさに脳構造が違うとしか言い得ない(私だって躾にはそれなりに注力してきたつもりなのに😭)。

そういえば。

確かに、衝動性や情動性の制御の部分はしばしば高IQ児の課題となるとはよく聞く話です。これもそんな説明で、理解しても良いのでしょうか。

皆様のお子様は、いかがでしょう?

聞き分けだったり計画性とか理性とか。

もしも何か面白いエピソードがありましたら、励みか慰めになるかもしれませんので良かったらお聞かせいただければと思います🤣

🌟【ランキングサイトへ応援いただくと嬉しいです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )】
「今日も読んだよ〜」ってお気持ちがてら、どうぞおひとつクリックしていってくださいませ✨

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へにほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

🌟月に2度ほど更新情報をお知らせしております。気軽なコミュニケーションも歓迎します。お気軽にご登録ください。
更新通知をLINEで受け取る

🌟私のYouTubeチャンネルはこちらです(趣味の登山)

息子の特性を理解する
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
\Naomiをフォローする/
10歳から向き合う発達障害/ギフテッド

コメント

  1. Cher より:

    全然違う話なんだけど。

    Naoさんのイラスト選択の面白さとセンスにいつもドキュンの私です笑笑

    子供達(大人も)みんな違うんだよね〜。

  2. Naomi Dr.Nao より:

    イラストの選択についてお褒めくださりありがとうございまーす🤣

    本当に、みんなそれぞれですよ。びっくりです。

タイトルとURLをコピーしました